扇台公民館  館長 川上 利昭

 額地区の人口増加に伴い扇台小学校が新設され、平成9年(1997)年春、額公民館から扇台公民館が地域の方々の浄財を集めて建設され、分離独立しました。
 扇台公民館は金沢市にある公民館60館の中で一番新しい公民館です。新しい公民館には新しい
公民館の良さがあります。児童館を併設し、仲良く一緒に、共用の広い事務所やホ−ルを使用して
います。広い駐車場は住民の公民館利用に便利です。
 地域の皆さんの生涯学習の場として、多様な文化・スポ−ツ教室が開かれています。
歌・楽器・踊り・書画・詩吟・囲碁・空手などです。特に扇台公民館には陶芸の窯があり、陶芸教室では、粘土から形造り、色付け、焼き上げまで一貫して体験できます。
 地域の皆さんに支えられて存続している公民館です。地域住民の生涯教育の場として、公民館を
気軽に利用して頂きたいと、このたびホームページを開設しました。

 

金沢の公民館 3つの特色

 金沢の地区公民館は、『金沢方式』と呼ばれる全国でも特色ある運営方式をとっており、
地域の生涯学習の場として、極めて充実した活動を展開しています。 
         

  1.地域指導・・・・・運営(維持管理、役職員選任)を各地域に委託しています。
  2.ボランティア・・・活動は多くのボランティアの方々によって支えられています。
  3.地元負担・・・・・運営費や施設の整備費の一定割合は、地元負担によってまかなわれ
            ています。
(運営費1/4・施設の整備費1/3)








トップ /あいさつ/年間事業計画/行事報告/施設紹介/組織図/カルチァ-教室紹介/施設使用料/地域概要/リンク/児童館